危険が伴う可能性アリ!アシナガバチ駆除をする前に気をつけておきたいこと

家庭菜園をしている方必見!アシナガバチの危険リスクを回避する方法 家庭菜園をしている方必見!アシナガバチの危険リスクを回避する方法

アシナガバチ駆除に関する疑問

女性

アシナガバチ駆除について、よく聞かれる質問と回答をまとめました。駆除しないで放置するとどんなリスクがあるのか、いつどんなタイミングで駆除を検討したらいいのかなど、知っておきたい基礎知識を確認しましょう。

アシナガバチ駆除について気になること

アシナガバチ駆除をしない場合はどんなリスクが考えられますか?
ハチに刺されて亡くなる方が毎年一定数出ていて、アシナガバチが原因の事例もあります。あらゆるところに巣を作る特性上うっかり近づいてしまうことも多く、家庭菜園がある家庭は危険です。近所の子どもがいたずらして被害に合うと、取り返しがつきません。他の害虫をおびき寄せる原因にもなるため、早めの駆除をおすすめします。
アシナガバチの巣が見当たりません。見つけてから駆除を依頼するべきですか?
アシナガバチ駆除業者に連絡すれば対処できるので、ご自身で巣を見つける必用はありません。奥まった場所に作ったものを見つけるのは大変で、専門的な知識が必要です。また、探している最中にハチの被害に合うケースも多く、刺されてからでは手遅れです。家庭菜園や庭仕事をしていてハチを見かけるようになった段階で、まず連絡してください。
巣が小さいうちに駆除するのはなぜですか?
巣が大きくなるとアシナガバチが大量発生して、被害がどんどん広がっていきます。巣が小さなうちに手をうつことで、ハチを残さず駆除しましょう。アシナガバチの巣を放置すると、100匹も成虫が産まれる可能性があります。アシナガバチの大群と遭遇すると命の危険もあるので、なるべく早めの対処をおすすめします。

アシナガバチ駆除に関することは自治体にも相談できる

地方自治体にも相談できますが、防御服を貸し出すだけだったり、場合によっては業者に取り次ぎしたりします。役所の営業時間との兼ね合いで取り次ぎが遅れるケースも多く、対応が後ろ手になります。なるべく早くアシナガバチ駆除したいなら、直接業者に連絡しましょう。それから、マンションなど賃貸物件の共用部分に巣を見つけた際は、先に管理会社に相談するようにしてください。

TOPボタン