家庭菜園で見かける蜂~アシナガバチ駆除を安全に行なう方法~

家庭菜園をしている方必見!アシナガバチの危険リスクを回避する方法 家庭菜園をしている方必見!アシナガバチの危険リスクを回避する方法

家庭菜園で必要とされるアシナガバチ駆除

家庭菜園をしていて怖いのが、アシナガバチです。比較的おとなしいハチとは言われていますが、巣を刺激すると攻撃されます。見えないところにアシナガバチの巣があって、知らずに刺激してしまうと、取り返しがつかないことになります。刺されたところが腫れ上がったりアレルギー症状を起こしたりすると危険なので、できる限りアシナガバチ駆除を考えておきましょう。

家庭菜園にアシナガバチはつきもの

アシナガバチはアブラムシ、チャドクガの幼虫を食べてくれます。益虫として知られているので、大切に育てている野菜やお花を食い荒らす害虫を退治してくれるため、駆除しない方もいます。また、生態系を維持するという理由から、役所に相談してもアシナガバチ駆除をしてくれないことがあります。アシナガバチが来ることで得られるメリットはありますが、リスクを理解しないと危険です。あえてアシナガバチをおびき寄せるような仕掛けを作ってまで、家庭菜園に呼ぶものではありません。

アシナガバチは人の生活圏に巣を作る

巣を作る場所として、街路樹や植え込みなどいろいろな場所があげられます。屋根など高いところだけでなく、手の届く範囲内にも巣作りするのが特徴です。低い位置に巣があると、知らず知らずのうちに刺激するリスクがあります。ですので、安全のためにもアシナガバチ駆除をする必要があります。

アシナガバチにそっくりなスズメバチに要注意!~見分ける方法~

アシナガバチとスズメバチはそっくりなので、違いを覚えておかないと危険です。見た目、巣の形などから見分ける方法を知って、家庭菜園を楽しみましょう。

見た目
ハチの死骸があれば、くびれの位置で分かります。胸とお腹のつなぎ目あたりのくびれがはっきり分かれている場合はスズメバチ、全体的にほっそりしたシルエットでくびれが分かりにくいものはアシナガバチと判断できます。
巣の形
六角形の箱が並んで巣の中身が見えるものは、アシナガバチの巣と分かります。スズメバチの巣には1個の小さな穴があって、出入り口にしています。全てのハチが同じ穴から出てくるようなら、スズメバチを疑いましょう。
飛んでいる様子
後ろ足をたらすようにゆっくり飛び回っている場合はアシナガバチ、真っ直ぐ素早く飛んでいる場合はスズメバチと判断できます。ブンブンと凄い早さで飛び回っているハチはスズメバチの可能性が高いので、気をつけましょう。
巣を作る場所
軒下や高い木の枝など開けた場所に巣を作るのはアシナガバチ、天井裏など奥まった場所に巣を作るのがスズメバチです。アシナガバチの巣はお椀くらいの大きさでストップしますが、スズメバチだとどんどん巨大化していきます。

似ているけど敵同士!~アシナガバチの天敵はスズメバチ~

アシナガバチの天敵はスズメバチ、巣を襲って幼虫や成虫たちをエサにします。アシナガバチの巣を放置すると、エサを目当てにスズメバチが寄ってくるリスクが高まるということです。猛毒があるスズメバチに刺されたら、命の危険も出てきます。集団でエサを探しに来る可能性もあるため、家庭菜園に適したアシナガバチ駆除を検討しましょう。

TOPボタン